忍者ブログ
本館SANDWORKS Lab.のSS活動用分館■とらドラ!の大河×竜児SSなど。甘々コメディとラブエロとがあるので注意■本館には右下のリンクからどうぞ
23 . November
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27 . August
高須竜児……主人公。恐るべき邪眼を持つ心優しき少年。主婦に変身する能力を持つ。作るチャーハンは高い中毒性と依存性を持ち、襲ってきた大河を逆に三秒で虜にした。やがて真のヒロインとしての能力を開花、朴訥な呟きで男女問わずすべての超人たちの心を篭絡する必殺技タカスウィスパーを獲得するが、その発動に本人が気づくことはない。その第一の犠牲者でもある大河と結んだ同盟は強大で、それを恐れた親組織によってついに二人は追われる身となる……! 口グセ:「応」。特技:家事全般。ペット:インコちゃん、大河(途中から)。棒:高須棒。コードネーム:ヤンキー高須
 
……だいたいあってる(u ・ω・)せーぶるです。ちなみに人物紹介①逢坂大河はこちら

だいたいあってるけど、ちゃんとした人物紹介を知りたければwikiのとらドラ!の項目でも見るよーに。てか原作読むように。しかしなんてか、この人物紹介やると、オープニングネタとして強すぎてSS載せらんないんだよね……台無しになるとゆーかw

というわけで、今回の続きではコメントのお返事をしまーす(u ・ω・)

>昨日このサイトを知ってここに来ました すごく面白いです
ありがとうございまーす(u ・ω・)どこで知ったのかしら……また来てね!

つづいてSS「薄明」についたコメ
----------
名前:蓮架
本文:このSS、新避難所で読んでて、「もしかしてせーぶるさん?」と思ったんですよー。やっぱりせーぶるさんでしたv とらドラ!1巻の高須家の朝に対比した、大河の朝の様子で、読んだ時私泣きそうになりました、ほんと。きっと竜児に出会うまで、大河は毎日こんなふうに過ごしてたかと思うと切ないですよねー・・・。みのりんというお友達はいても、大河はずっと孤独だっただろうから。

----------
感想ありがとうございまーす! ええ、そーです(u ・ω・)アレが私です。ブログでも何度か書いてますが、アク禁に巻き込まれていて、避難所暮らしなわけです。ほとんど幽閉w  

泣きそうになりましたか(-ι- ) クックック……私は思いついては泣き、書いては泣き、読んでは泣きでしたw 20回くらいは泣いたよーなw もちろん後半で、ですけど。よかったのうよかったのう(泣)、みたいなw 

とらドラ!はコメディですけど、前半はそのコメディの始まる前の大河なので、悲劇的に描いています。けれどそんだけってSSは私、性に合わないので書きません。いかなるアクロバットを使ってでも絶対に甘くするw というわけで後半、あれはぶっちゃけ、竜児を「あのひと」と心に呼ぶほどにふたりで生きてきて大人になった大河の幸せを示す、甘々SSですw

 ----------
名前:たんしき
本文:何と言えばよいのか、上手い言葉が見つかりませんが・・・。素晴らしい!ものすごく、グッときました。何度も読み返しては、その度にグッときます。ふたりの幸せがずっと続くことを願ってしまう(いや元々願ってますが(笑))、改めてそんな気持ちが強くなるような、愛あればこその一編ですね!ああもう辛抱たまらん(w

----------
感想ありがとうございまーす! 何度もグッときましたか(-ι- ) クックック 私は(ry 

そうですね、愛あればこそ、なのですけど。読むひとによってはもう、一瞬たりともかわいそうな大河を見たくない、ってひともいるんでしょうから、難しい。ちなみに私は、大河をむやみに余計な不幸にあわせて切ねーとか、そういうのは書きません。けれど、原作の中で語られなかったけれど、あったであろう、大河の辛さ悲しさは今後も書くことがあると思います。「誰かが見ていてくれるなら」という、まさにその誰かとして、私はそれを見てあげたいので。

次に、SS「キャラチェンするの」についたコメ
----------
名前:蓮架
本文:大河に翻弄される竜児もまたかわいいですよね!わけわかんなくなっちゃう最後のせりふの竜児はきっと真っ赤っかなんだろうなぁ。
あと「お腹いっぱいなの」も大好きです!じゃれあう二人大好き。もーどこまでも行っちゃってくださいって感じの(笑)。多分、前に拍手でこの「お腹いっぱいなの」にメッセしたんですが、ボタン押すの1回足りなくて届いてないと思うので、もう1度。大河に劣らず私もドジですみません(汗)。
先ほど5巻読み終わりました。もう泣きそうです。ヤバイです。泣きそう感は、やっぱりアニメより原作の方が強いかも。ずるずると二人の感情をひきずってます(笑)。若干みのりんも入ってますけど。
----------
感想ありがとうございまーす! 「キャラチェンするの」は、最初期に書いたSSで、微妙なのでお蔵入りさせていたものです。まあでも、とうとうスレの方にも上げたしと、今回収録しました。何が「微妙」って、それはもう、大河が告白をおねだりしているからですw 終わっちゃうじゃんとらドラ!w 原作補完としてはまさに微妙、てか失敗です。べつに自分を原作補完系に縛るつもりも無いんですけど。

なんてかこのふたり、潜在的にお互いを好きあっているからでしょうか。蓮架さんもSS書かれるんでわかるかと思いますが、このふたりに勝手に喋らせとくと、油断するとすぐこいつら後戻りできないところまでイチャコラ、告白しそうになりませんか?w で、困ってたりするんじゃないですか?w 書き始めの頃の私はまさにそうでした。このSSは、その名残りなのです。

でもね、思ったんですけど。それでいいんじゃねえかな?w 蓮架さんとこのブログを読むに、なかなか甘くならないって苦労もしてらっしゃるようですけど、別に原作補完の細い道を行く必要もありません。ありとあらゆる瞬間に、ほんとならおまえら好きあってべったり一緒にいてもうコクって当然なんだよ、交尾だこ(ry と、うちのあーみん的に言うならば、そんなSSもアリだと思います。交尾は止めといた方が無難ですが、ぜんぶ告白オチw これは人気でそうだw ていうか、たいがいの他ジャンルのSSサイトなんてそんなですしね。

「お腹いっぱいなの」の感想も、ありがとう! ああいう漫才はなんぼでも書けますね。ただし一本を無限に長くは書けない。必ずどちらかが危険水域を越えて(恋愛的な意味でw)、それがサゲにつながっていきます。けれど、なんていうか、ほんとにまかせておくと、まさにこんな「なんだったんだろね?」というものになりますw

ちなみに以前、書いていると私は大河が泣くところで先んじて泣く、って話をして。それはたぶん今や蓮架さんもわかる感覚だと思うんですけど。実は罵倒とかも同じなんです。急に大河が罵倒したり怒ったりとかが、出来なくなったりする。今回のがそうですし、「もんじゃ焼きタイガー」のラストとかも、そうです。もんじゃの時は、それがオチになりました。今回のは……まあ、なんだったんだろね?w あみのりの出番かも、知れません。

5巻読みましたか。まあ、なんてか、我慢せず泣くといいと思うよ!w 実乃梨か……と、今、実乃梨が降りてきましたw 1年の時の、大河の父をめぐっての喧嘩の和解の真相と、傲慢とずるい、の謎を解いていきました。メモったけど……どーしろと、これ(u ・ω・)

----------
名前:たんしき
本文:ミニSSといい今回のといい、相変わらずきゅんきゅんするなぁもう(w 大河にあんなふうに「言って?」とかおねだりされたら、CUBEだろうがドコだろうが、喜んで連れてかれますぜ!(いやマジでCUBEはイヤですが。ちぬから( ̄◇ ̄;)

----------
感想ありがとうございまーす! おねだり大河はヤバいですよね。ツンデレってのが、恥やプライドを優先してデレれない態度だとすると、大河はそうではないので、両思いになったらガッツリおねだりする子だと私は思いますw でもCUBEはイヤですw

今回はこれにて打ち止め。みなさんありがとうございました! 引き続きコメントお待ちしておりまーす(u ・ω・)ノシ
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
はじめに
・二次創作ブログです。今はラノベ「とらドラ!」のSSとらくがきがメイン。大河×竜児ラヴ。笑い、萌え、泣き?の明るい三拍子が揃う方向で

管理人:せーぶる / 砂
mail:sandworks8★hotmail.com
★を@に変えればメアドになります

◆SANDWORKS Lab.本館
◆手乗りセーブルBBS

■管理画面

NEWS
同人誌出しました(u ・ω・)

『いいからちょっとこっち来て!』
(2009.12.31発行、B5/32p、成年向)
 →ブログ内のサンプル記事
通販 発売中!
 →虎の穴
 →メロンブックス
 →メッセサンオー
DL版 販売開始!
 →DLsite
 →DMM.com
 →メロンブックス
 →虎の穴
 →ギュッと!同人館
メールフォーム
なにかありましたらどうぞ
Powered by NINJA TOOLS

BBSへのリンクは上の「はじめに」に移動しました

最新コメント
[04/20 せーぶる]
[04/20 せーぶる]
[03/09 たこ]
[03/09 たこ]
[11/19 せーぶる]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
ブログ内検索
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]