忍者ブログ
本館SANDWORKS Lab.のSS活動用分館■とらドラ!の大河×竜児SSなど。甘々コメディとラブエロとがあるので注意■本館には右下のリンクからどうぞ
23 . November
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 . September
とらドラ!……虎(大河)とドラゴン(竜児)、およびこのふたりの超人が結んだ不滅の契約「竜虎の誓い」を意味する。また聖書によればとらドラ!は、世界を支配する未知の力を指すといわれ、あらゆる超人たちがそれを手に入れようと永劫の戦いを繰り広げて来たと預言されている。覚醒した竜児によって、とらドラ!とは実は相争うすべての超人たちを和解へと導くだけでなく、過去の戦いのすべての怨讐さえも肯定する究極の力であることが明らかになる。したがってそれは「優しくて、とても甘い」(ユユポ書1:2)

……だいたいあってる(u ・ω・)せーぶるです

某所で「せーぶるさんのSSが一番好き。人柄が現れていて」などと言われた私。感謝恐縮した後、「でも人柄はダメ。亜美ちゃん級の腹黒です」と応えたら、また別の方でしょうか「腹黒といっても表に出さないから実乃梨似だと思う」などと。

実乃梨か……実は私、ヒロインズの中で強いて苦手なのを言えば、実乃梨だったりするのです。とらドラ!の裏テーマにはどこか、人は見かけに寄らないというか、人の性格などというものは計り知れないというか、性格ってほんとにあるのか?みたいな人物観があると思うのですが。実乃梨の場合は、読んで触れた時から、あの太陽の仮面の強固さ、その影にはなにか正反対の悲しい核があるに違いない……などと思っておりました、私。はたして読み進めれば、当たらずしも遠からずだったりするわけです。


しかし人柄というか、ふるまいが実乃梨に似ていると言われれば。私、たしかにここのトークでも、明るく?アフォなことばかり書いています。その影には深い絶望が刻まれているのです!なんてね……とか、煙に巻いたりするあたりは実乃梨的じゃない気もしますが……そうそう、幽霊!UFO!見たい!……どころか、両方とも一回ずつ見たことがあります……しかもどっちも信じちゃいねえ……あ、ちなみに外見は血反吐吐蔵先生に似てます(u ・ω・)いねぇよそんなキャラ。


さて、続きでは、ありがたいコメントにお返事しまーす!(u ・ω・)

まずはSS「解決」についたコメントから
----------
名前:たーよー
本文:なんか、俺、もう・・・、竜児みたいに・・、いや、竜児になりたい・・・・です。  ど、どうすればいいでしょうか・・・
いつもありがとうございます。

----------
コメントありがとうございまーす! うん、竜児はいいヤツだよね。頭固いけど、めったにいないいい男だ。たいていのアニメを見ても、たとえば「シンジこら、てめえにゃアスカもレイももったいねぇんだよけーっ!」などと、出てくる男どもに軒並み落第点をつけ、あわよくばヒロインを寝取ってやろうなどと思ってしまう極悪人の私でも、大河と竜児に関してはまったく!そんなこと思いません。男キャラにめちゃくちゃカラい、てか、ほとんど感情移入できた試しがない私から見ても、竜児は惚れられるキャラです。

というわけで竜児になりたい、素晴らしい願いです。うむ、だが不可能だ! でも竜児みたいにはなれそうですよ? たーよーさんはきっと優しいひとなので、あとは料理掃除洗濯上手になるのです! 目つきはマネしちゃダメ。そうして日々暮らしていると、そのうちきっと、必ず、大河みたいな娘が現れるのです……! いつか、そう、美少女が深夜、木刀を持って殴り込みに……あと真剣白刃取りも覚えておきましょう(u ・ω・)柳生新陰流です。

----------
名前:たんしき
本文:嘘人物紹介、面白いッス(w 「タカスウィスパー」は確かに必殺技ですよね!
それからお返事で書かれてた、「その誰かとして、それを見てあげたい」って気持ち、判ります!長い冬を過ごしてやっと春が来た二人が、楽しく幸せに(且つイチャコラとw)過ごしているのを「本当に良かったねぇ」と一緒に喜びたい。俺的にはそんな感じです。
あと「解決」もGJっす!あの辛い冬の教室を、こんな甘甘空間にしてしまうとわ、何というアクロバット!相変わらずタカスウィスパー冴えてるし( ̄∇ ̄*)。流石ですねぇ。

----------
ありがとうございまーす! 嘘人物紹介みたいなものはファン活動では定番っちゃ定番ネタなので、たくさんとらドラ!ファンサイトがあればどこかでやってそうなものなんですが……あんまないから(´;ω;`)ウゥ

クリスマス以降でも、甘々っていくらでも書けそうな気がするんですよね。まあ、でもそれは、やっぱ今年の冬にかけて書けたらいいなと思っていますが。

次は、SS「ひそみにならうの」についたコメント
----------
名前:蓮架
本文:またまた避難所で事前チェックをしていました(笑)。
このお話、ほんっっっっっとうに大好きですっ!幸せ感、ほのぼの感、付き合ってないけどラブラブ感(笑)、甘々感・・・ていうか竜児、大河好きだろうって言いたくなる感満載で。こんなカップルいたら、見ていてうらやましいですよね~。

----------
ありがとうございまーす! 気に入って頂けてなによりです。まあ、私も気に入ってるんですがw さすがにこう、多少は年をとったので、告白とかキスとか以外の愛情表現もいろいろ知っているので、こう、付き合う前のふたりを描いてもあの手この手でラブラブ甘々になあ! ひゃーっはっはっはっは!(u ・ω・)おや、北斗の拳の雑魚キャラが……

ちなみにこんなカップルは実在します。なにを隠そう、眉間ナデナデは私の……な、なんだ君たちは、こんな夜分遅くに! は、離せ!俺をどこに連れて行く気だ!?なに?大橋高校?(u ・ω・)ハイ喜んで!

----------
名前:たんしき
本文:毎度毎度イチャコライチャコラ、微笑ましいなぁコイツラ(w そりゃあ他の乗客さんもニヨニヨするよね!なんだかんだ言っても、竜児が心配してくれる、構ってくれるのが嬉しくて仕方ない大河がもぅ(*゜∇゜)=3ハァハァ 
竜児も結局大河が大事で、可愛くて、でも言ってやらねぇとか、ああもうこの不器用な鈍犬さんめ!(*゜∇゜)=3ハァハァ って愛でたくなりますなぁwww

----------
毎度ありがとうございまーす! 地の文書く時は私、原作ばりに信用できない語り手として書くので、竜児が汲めていない大河のリアクションの内面とか、いろいろ仕掛けも読み解いて下さってるようで、嬉しいです。ほんとはSSってのはそれを開くのがいいのかもしれないんですが、私は原作みたいなSSが読みたいクチなので……。

そろそろ対話形式も、書いてて食い足りないというか、歯がゆいところが出てきたので、「並び寝る」以外にもちらほら地の文入りの小説形式のも書いていこうと思っています。

最後に、私ととらドラ!についたコメント
----------
名前:たんしき
本文:どもです。今明かされる、せーぶるさんの衝撃の過去Σ(゜□゜*)ナニーッ!!ツンデレだったんですね(笑) 私も偶々アニメ(あーみんの別荘辺り)から入って、文化祭辺りで気がつくと原作が(当時は9巻まででしたが)ウチに全部揃っていたと言う・・・。
私見ですが、「とらドラ!」の良いところは、痛みを痛みとしてきちんと表現した上で、オラクルなんて都合のいいモノじゃなく、それぞれが痛みを受け止めて、悩んで、もがいて、考えて、立ち向かって結果を出している(出そうとしている)姿が胸を打つんじゃないかと。そう思ってます。 ラノベってあんまり読んでなかったんですが、良い作品に回り逢えたなぁ( ̄▽+ ̄*) ではでは、長文失礼しました。

----------
まいどどうも!w オラクルの不在ってどっかで出た評論ぽい話もまあ、なんでしょう。とらドラ!でオラクルいないのは当然じゃないですか、ねぇ? だって、巻頭辞でそう宣言しているw オラクルはまあ、神託者つまり年長の導き手みたいなもんなわけですが、じゃあ恋愛モノにおけるオラクルってなんだっていえば、先行して成立しているカップルなわけでしょう。親夫婦とか、恋人持ちの先輩、友達とか。でも、巻頭辞はぶっちゃけ「この世にカップルはいない」と宣言しているのだから、いるわけない。

実際、とらドラ!はそれに忠実に、メインキャラに独身しかいない世界です。ゆりちゃんだけじゃなくw、親世代も、大河や竜児といった高校生たちも、みんな半身を求めている独身ばかり。ようやく最後の方で、春田が例外としてカプールになってますがw

もちろん現実にはカップルがあっちゃこっちゃにいる。だから巻頭辞によってとらドラ!は、現実とは違いますよ、一種の寓話なんですよ、と定められた世界のお話です。でもそれが逆に、結婚年齢の上がっていくばかりの、そして離婚も選択肢としてアリだろうという、この現実を照らす、きわめてリアルなお話にもなっている。現実のカップルもまた不滅のものではありえない、つまり、常にオラクルであり続ける者などいないという。

ちなみに不滅の愛の存在を疑っているわけではないですよ? ただ、愛は不滅であるとは思わない、愛は不滅にするのでなければ。ひとがそう努めるのでなければ。ちなみに大河と竜児の愛は不滅です(u ・ω・)俺が不滅にするからw

おや、最後と思ったら。たった今もうひとつコメントが
--
とらドラSSは書かれてる方本当少ないですよね…
過去に葉鍵SSの充実ぶりを体験した身としては、もっと読みたい!って感じになります。
--
ああ、葉鍵! 葉鍵SSもすごそうですねえ、自分は読んだり書いたりはしてないんですが。「確かにさおりんを俺は救った……けれど、このさおりんは俺が救いたかったあのさおりんなのか……?」とか、思ったりはしたんですが。古っ。コメントありがとうございまーす!

SS活動というのは作品の質によるよりも、現代という時代によるものであって、そこにキャラがありさえすればそこに書かれるはずのものだとは思うんですが、そしてとらドラ!は充分に強い個性を持ったキャラたちと、それらを支配し縛る単一の運命の過酷さとを示しているとも思うんですが。なんで少ないんだろう、ファンはかなりいるはずなのに……とか、思いますね。この少なさが、とらドラ!自体の構造に由来するものではないと信じたいんですけど……。

とはいえ、少ないというのはとらドラ!SSサイトがであって、とらドラ!SS自体は2chの二つのスレを砦として、それなりにたくさん書かれてはいます。大河×竜児SSスレとか、私も微力ながら加担してますが。そこに集まったSS作家たちによる活動というのはそれはそれで素晴らしくて、およそ2chの通俗的なイメージ、言いたい放題の無法地帯というのとは真逆の、自制と同志愛によって支えられている場所で、そういう2chもあるということを直に知ることが出来ただけでも、少なくとも私にとっては幸せなことなんですが。

ただし、稼動するスレは基本的にひとつで、スレの流れもひとつで。SSの発表もコメントもそこでやることになるので、窮屈なのが玉にキズなんですよね……SSとは違うファン語りとかもスレ違いになるので出来ませんし、だから先の記事のような私ととらドラ!みたいな話も出来ないし、読めない。有力な書き手のひとりに「自サイト持ったら?」と持ちかけたりもしたんですけど、どうも真意が伝わらなかったようで、作らないようだし。

とらドラ!には更新告知のためのSSリンクも無い以上、2chのまとめサイトを中心に参加している書き手たちのSSサイトが衛星的に散らばるようになれば、読者も書き手もひっかける網が広がっていいと思うんですけどね……こんな話も出来ない。素晴らしいけど難しいんだよ名無しの世界……。

たんじゅんに言ってね、ググっても現役稼動のSSサイトがウチの他には数えるほどもないって、大問題じゃないかと。これじゃ読者いないのかな、とかって、こわくて有力なSS作家がとらドラ!SS活動に参入して来ませんよ。読者がいないのが一番こわいんだから、書き手は。

いかんいかん、独り言みたいになってしまった。ま、どうにもならないものはどうにもならない。ファン活動を盛り上げよう!なんて、SSリンクのコードも書けない私にはどーにもならない。私に出来ることは私が盛り上がることだけだ!w まあ、そんだけはしばらく、てきとーに頑張ります。脳内で大河が可愛く喘いでいる限りはね!(u ・ω・)なにさせてんだ俺……ううん、なにしてんだろ私……。

……いや、違う。私に出来ることは、私ひとりが盛り上がることじゃない。こうしてここを読みに来てくれるみんな、SS読んでくれるみんな、その上拍手やコメントもくれるみんなと一緒に盛り上がることだ! よかった気づけて(u ・ω・)半日後に。というわけでコメントありがとう! 引き続きよろしくねっ!
PR
無題
>長島さん

お久しぶりです……?(u ・ω・)
ちょっと、苗字だけだと正直、思い出しかねてますが。
書き込みに個人情報が入っているので、非公開にしました。
私信などございましたら、以下のメアドによろしくお願いしまーす。

sandworks8@hotmail.com
せーぶるさん / 2009/09/05(Sat) / URL 編集
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
はじめに
・二次創作ブログです。今はラノベ「とらドラ!」のSSとらくがきがメイン。大河×竜児ラヴ。笑い、萌え、泣き?の明るい三拍子が揃う方向で

管理人:せーぶる / 砂
mail:sandworks8★hotmail.com
★を@に変えればメアドになります

◆SANDWORKS Lab.本館
◆手乗りセーブルBBS

■管理画面

NEWS
同人誌出しました(u ・ω・)

『いいからちょっとこっち来て!』
(2009.12.31発行、B5/32p、成年向)
 →ブログ内のサンプル記事
通販 発売中!
 →虎の穴
 →メロンブックス
 →メッセサンオー
DL版 販売開始!
 →DLsite
 →DMM.com
 →メロンブックス
 →虎の穴
 →ギュッと!同人館
メールフォーム
なにかありましたらどうぞ
Powered by NINJA TOOLS

BBSへのリンクは上の「はじめに」に移動しました

最新コメント
[04/20 せーぶる]
[04/20 せーぶる]
[03/09 たこ]
[03/09 たこ]
[11/19 せーぶる]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
ブログ内検索
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]