忍者ブログ
本館SANDWORKS Lab.のSS活動用分館■とらドラ!の大河×竜児SSなど。甘々コメディとラブエロとがあるので注意■本館には右下のリンクからどうぞ
15 . December
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

26 . August
ブヨに右足くるぶしを刺されました。ぼっこり腫れて歩行困難。ネタ出しありがとう、ブヨ(u ・ω・)でも痛えよ、せーぶるです

ともあれ、なにが起きてもふくらむのは大河×竜児妄想。よくあることですね(u ・ω・)ね☆

リンク一件追加です。華虞夜 兎さんの「うさうさ うさぶろぐ。」 大河×竜児妄想がすごいことに。負けませんよ?(u ・ω・)

それでは大河×竜児SS、「キャラチェンするの」をどうぞ。
***
・キャラチェンするの
 
「っ! む、む、むむ むむむ、むむむむむ、むむむむむむむむー…………ん……っ」
「顎に手をあてて目つぶって唸っても、脳みそがなきゃ名案は浮かばねえんだぞ、大河」
「あら……今日はまたずいぶんと生意気につっかかってくるのねえ。
 畳に残った飼い主の私の足の匂いを嗅いでようやく安心ウレションぶっこく駄犬が」
「嗅がねえしウレションもしねえ。てかぶっこくとかも言うなよ、女の子が。
 ……どうした、大河?」
「そうかそれがいけないのねそういうのがいけないのねそうなのねなのねのねのね……」
「た、大河……?」
「ちょっと、聞きなさいよあんた!」
「聞いてるよ!? それ聞いてねえ時に言うセリフだろ!? ふつうは『聞いてよ』からだろ!?」
PR
23 . August
竜児が「サクラヤマズバイ」という幻の魚を釣ってしまう夢を見ました。ネタ出しありがとう、夢(u ・ω・)……どうしろと? せーぶるです

あれですね、他人と比べるのが不幸の始まりですよね。もうそういうの止めたつもりだったんだけどなあ。まだまだ修行が足らないね。SS百本の行に入ります……あ、もう、入ってたw

というわけで前回記事のトークを書くときには、もっぱらここ以外のところでいろいろ重なって妙に寂しく感じていた時だったので、変なテンションのトークをかましてしまい。で、微妙にやばいなと感じてそれは引っ込めて、差し替え宣言したものの、下手するとむしろ正直に愚痴りかねなかったので、代わりのトークも書けずにいて。

そしたらなんでしょう、エスパーが多いんでしょうかここ、いつになくたくさん感想コメントが来ていて、わりと救われました。報いが無くても俺は書き続けるぜ!と言いたいところですが、まあ実際、愛の続く限り書くんですけど、ぶっちゃけ三度のメシより報いが好きな私ですw ありがとうございました。お返事はまた今度。


さて、ところで。今回のSSこそ、例の、コミケ後に寝ようとしていた私を襲った大河の声なのでした。机に引き返して一気に書きつけた短編です。それではとらドラ!SS「薄明」、続きからどうぞ。
21 . August
「うるさいよ、このふんわりバングス」「おまっ、どこでそれを!?」これぞ一行SS(u ・ω・)せーぶるです

トークが珍妙になったので差し替え……と思ったけど。も、いいや、今回はこれで。愛してるよ、大河、竜児……あと、おまいら。

それでは大河×竜児SS、対話形式、「お腹いっぱいなの」をどうぞ。ちなみに土用の丑の日あたりという設定です。
***
・お腹いっぱいなの
 
「はー! 食った食った!」
「食った食ったじゃねえよ、ったく。せめて食べた食べたって言え。女の子が」
「なによ。いいのよ私は。どこからどうみても女の子なんだからさ」
「へいへい。綺麗に生まれてきてようござんしただよ、おまえは……なんだよ、睨むなよ」
「べつに……はー、食べた食べた」
「おう。よしよし、いい子だ……じゃねえよおまえ!? 腹ぽんぽん叩くな!? おっさんか!」
「うっさいわねいちいち。ぽんぽんをぽんぽんしようが私の勝手でしょ?」
「おなかをぽんぽんって言うなよおまえ幼女か。可愛すぎて卑怯だぞ、ったく。高二にもなって……
 だからなんで睨むんだよ」
「べ、べつに……」
18 . August
住所私の中の逢坂大河さん、コミケ後も早朝まで脳内で泣かせる話するの止めてください。寝かさないのは竜児だけにしてくれないと、俺ちぬぞ?(u ・ω・)せーぶるです

さてまあ、冬コミの申し込みも最速記録で済ませましたし。今日から通常営業ってことで。まずは軽いのから。大河×竜児SS、アフター。デート中のようです。

***
・いいところ
 
「ねぇ竜児」
「なんだ、大河」
「『私のどこが好き?』とか彼氏に訊く女って、いるじゃん」
「ああ、いるな」
「謎よね。私、訊こうと思ったことないから。気が知れないったらないわ」
「おう、俺はおまえのそういうとこも好きだけどな」
「っ……あとさ、『私って綺麗?』とか、『私って可愛い?』とかも謎よね」
「ああ、まあ、不安なんじゃねえの。関係ないわな、おまえは綺麗だし、すげえ可愛いし」
「っ……あとさ、『私のこと好き?』とか『愛してる?』とか」
「ああ、まあそれも」
「ううん、いいの。わかったの、私。謎ぜんぶ解けた。大好きよ、竜児……」
 
 
・スーパーバカップル・オン・ザ・ストリート
 
「なんだ? どうした、何怒ってるんだ、大河?」
「は? 私、怒ってるように見える?」
「おう……まあ、そう見えるが」
「まったく正解よあんた。私と一緒にいるのになによ、さっきから、他の女ちらちら見て!」
「おう……」
「図星ね。すれ違うたびに見てるじゃないあんた、しかも綺麗なひとばっか!」
「うん、まあな」
「な、なんなの、なんなのそれ!? 謝るとか、ちょっとは言い訳するとか、無いわけ!?」
「綺麗なひとじゃねえと意味ねえんだよ」
「う、うぅ!? だ、だから、なんなのよおっ! わ、わ、私という、こっ、恋人がありならが!」
「ありながら、な……まあ、そうなんだよ。おまえがいるからなんだよ」
「な、なによそれ!? てか何!? なにあんた、さっきからずっとニヤニヤ余裕かまして!
 私、怒ってんのよ!? なんで平気なの!? オロオロとか、しないわけ!? く、くやしい……っ!」
「なんてかなあ……おまえ、全勝中なんだよ」
「……はあ!? ぜんしょうちゅう……?」
「おう、だからな、大勝利ってことだ」
「だいしょうり……?」
「なあ大河、俺たち歩いてて。けっこう綺麗なひと何人も通ってったよな?」
「う、うん……」
「でも、おまえの勝ち、おまえの勝ち、おまえの勝ちだ、大河」
「な、なにそれ……」
「おまえが一番綺麗だ、おまえが一番美人だ、おまえが一番可愛いんだよ、大河」
「は、はあ……」
「まあ、そうだろ? あきれるだろ? だからまあ、見比べて、ひとりでゲームしてたわけだ」
「あ、あきれるっていうか……あ、ほら! あそこ! 美人、カッコいい!」
「おう、どこだ……いや、おまえの勝ち」
「むぅ……あ、ほらほら、あそこ! スリムだし、素敵! モデルさんみたい!」
「んん? どれだ……ああ、いや、おまえの勝ち」
「えぇ……あ、ありがと……でもなんかくやしい……」
「アホか。なんでくやしい、逆だろ?」
「アホ言うな! み、見てなさいよ竜児……必ず私より綺麗なひと見つけてやるんだから……!」
「おかしいだろだから……てか、どうかなあ? 見つけられるものかねえ、おまえに」
「むっかあああ! 絶対見つけてやるもん! 絶対、絶対!」
 
***おしまい***

さて今日は変則的に、この後の続きでコメントのお返事しちゃいます。まずコミケ前に届いた分から。励ましのお便り、ありがとうございました!
05 . August
「爽快!とらドラ話」……昔むかしあるところに、高須竜児という男の子と逢坂大河という女の子がおりました。竜児と大河は出逢ってすぐに両思いになり、1年もたたずに婚約しましたとさ。爽快、爽快(u ・ω・)せーぶるです

はぁ……同人誌進まねえ……SS書きてえ。とか、竜児のおかげでたいぶ嫌いだった男言葉も見直してるわけですが。

ところで、とらドラ!ファンには、実乃梨好きの人もいます。亜美好きの人もいます。で、竜児とくっつくSSを書いたり読んだりするわけです。実乃梨×竜児だと、みのドラ。亜美×竜児だと、チワドラ。とか言うわけです。そこでは、竜児は実乃梨や亜美を相手にぼそっといいこと言っちゃってたりして、いい感じです。竜児はいい男だし大河にはもったいない、ということでしょうか。ところで、みのドラやチワドラを書く人たちが見逃しがちなんじゃないかなーと、思うことが私にはあります。いくつかあるんですが、今回はそのひとつ。それは。

竜児は女の子とまともに話も出来ないくらい、ド奥手だったということです。1巻の初めとか読むと、その女の子に不慣れ甚だしいサマが北村との対比でしっかり書かれています。たいていの場合、読者の竜児のイメージは、途中以降の竜児によって作られているので、竜児はたんに目つきが悪いだけがモテ障害になっているだけで、女の子を天然で口説いちゃうイイ男みたいなイメージになってます。でも実際には、竜児は口説くどころか、素敵なこと言うどころか、女の子とはロクに口が利けないヤツだったのです。さて、誰がそれを変えたのでしょう?

いや、何が言いたいかというと、べつにいいんですけど、あんま大河を雑に扱わない方が、逆に良いみのドラやチワドラが書けますよ、ってことです。なんてか、頑張ってください……。


さて、今回もアフター、新婚生活第2弾。大河×竜児SS、対話形式、「奥さまは虎女 その2」をどうぞ。
***
・奥さまは虎女 その2
 
 奥さまの名前は大河。そして、だんな様の名前は竜児。
 すごく微妙なふたりは、しごく異常な恋をし、ごく普通の結婚をしました。
 でも、ただひとつ違っていたのは、奥さまは虎女だったのです……人間だよ、美人だよ!?
はじめに
・二次創作ブログです。今はラノベ「とらドラ!」のSSとらくがきがメイン。大河×竜児ラヴ。笑い、萌え、泣き?の明るい三拍子が揃う方向で

管理人:せーぶる / 砂
mail:sandworks8★hotmail.com
★を@に変えればメアドになります

◆SANDWORKS Lab.本館
◆手乗りセーブルBBS

■管理画面

NEWS
同人誌出しました(u ・ω・)

『いいからちょっとこっち来て!』
(2009.12.31発行、B5/32p、成年向)
 →ブログ内のサンプル記事
通販 発売中!
 →虎の穴
 →メロンブックス
 →メッセサンオー
DL版 販売開始!
 →DLsite
 →DMM.com
 →メロンブックス
 →虎の穴
 →ギュッと!同人館
メールフォーム
なにかありましたらどうぞ
Powered by NINJA TOOLS

BBSへのリンクは上の「はじめに」に移動しました

最新コメント
[04/20 せーぶる]
[04/20 せーぶる]
[03/09 たこ]
[03/09 たこ]
[11/19 せーぶる]
最新トラックバック
バーコード
カウンター
ブログ内検索
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]